還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

おじいさんなの?

オッサンが還暦を迎えて3年後、
ポンちゃんは保育所(公営)通いを始めました。
ポンちゃんのクラスは、担任の先生の指導が良かったため、
子供同士とても仲が良くオッサンも妻も安心していました。


オッサン自身は精神年齢30歳と思っています。
(妻は「私は25歳!」と主張しています・笑)
しかし、子供は容赦ありません。


「ボンちゃんのパパはおじいさんなの?」


ポンちゃんと仲良しの女の子が妻に聞いてきたそうです。
その話を聞いた時は「やっばり、そうきたか」と思いました。
妻はその子にこう言ったそうです。


「そうね。それでも、ポンちゃんのパパなのよ」


その子は納得したようで、それで終わりでした。
その子以外の子供も、オッサンのことを
「おじいさん」と言いません。
なんて、素直な子達なんだろう!


でも、これから先、ポンちゃんが小学生になった時、
また同じ事を級友に言われるんだろうなぁ。
「ボンちゃんのパパはおじいさんなの?」と。
子供はある意味、情け容赦ないところがありますからね。


その時、ポンちゃんは何を思うのだろうか。
今から心配してもしょうがないですけどね。
でも、友達にそう言われて、
ポンちゃんが落ち込んだりしたら何て言おう。


「私はじーさんであって、じーさんではない!パパである!」


これは、どこかの宗教団体の教祖みたいだな、却下!


「じーさんに見えるだろうけど、心は30歳だ」
「見かけが若くても、心がじーさんの人もいる」


オッサンは実際そう思っていても、負け惜しみっぽいな。
それに小学校高学年ならまだしも、低学年だったら
「何を言っているの、変なじーさん」で終わるかも。却下!


う~ん、今から悩んでいてもしょうがないけど、
考えざるをえないです。
どなたか、いい知恵があったら教えていただけませんか?
悩みつつ、次回に続くのであった。


ポチッとしてくださらなくても・・・いや!していただければ嬉しいです!