還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

スバッと離乳食!?


ポンちゃんは食欲旺盛
で、ミルクも多い時は一気に1リットルも飲み、
ずんずん大きくなっていきました。
いいぞ、ポンちゃん!
それが、ある日を境にいきなりミルクを拒否したのです。
確かポンちゃんが5ヶ月ころだったと思います。


いつものようにミルクを作り、哺乳瓶を口にふくませようとしたら、
両手で押し返すではありませんか!
またしてもオッサンはオロオロするばかり。
何で?病気なのか!?


と、その時、勘のいい妻が、
「離乳食が食べたいのね!」の一言。
妻はこの日のために離乳食の作り方を勉強していたので、
ささっと作りあげた。
う~ん、やりおるな。
それをポンちゃんにあげたら、バクバク食べた!


それにしても、前触れもなくミルクからチェンジですか!?
しかも、強い意志をもって伝えてくるとは!
ポンちゃん、君はすごすぎる!!


オッサンも妻も仕事が忙しくなったり、
疲れた時は市販の離乳食も利用しました。
今まで、離乳食など気にもかけなかったので、
その存在すら知らなかったのに、その日を境に
様々な離乳食が世に出回っていることを知りました。
しかも、年齢毎に細やかにフォローしているし。
メーカーごとに味の特徴もありだし、至れり尽くせりです。


オッサン世代は、いったい幼児の頃に何を食べていたんだろうか?
羨ましいぞ、ポンちゃん!!!
ポンちゃんの食欲は旺盛は相変わらずで食べる、食べる!
ぷくぷくに太って、健康的な幼児体型になったのでした。


しかし、ここで問題発覚!
粉ミルクが2缶ばかり残ってしまったのです。
定期便でまとめ買いをするとお得になるので、
(しかも自宅まで届けてもらえるし)
それを利用していたのが仇になってしまった~!


オッサンは粉ミルクを溶かして飲んでみたけど、
まぁまぁいけるとは思った。
粉のままで食べたほうが、はるかに美味しいことも発見!
でも、2缶も食べるのはシンドイかも!
ここでも、妻が一工夫して普段の料理に粉ミルクを入れたりと、
何とか使い切ったのでした。
味的にも栄養的にもバッチリ!
というところで、次回に続くのであった。


ポチッとしてくださらなくても・・・いや!していただければ嬉しいです!