還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

大きくなったら

子供って本当に意外性があって面白いと思う。
大きくなったら何になりたいって聞かれると、
テレビで見る子供向け番組のヒーロー、ヒロインだったり、
とんでもないものだったりします。


我が家のポンちゃんはというと、
3歳のころなりたいものを答えたのが、
「ダンゴムシ」でした。
オッサンも妻も意外な答だったので、思わず繰り返しました。
「ダ、ダンゴムシ!?」
そこまで、ダンゴムシLOVEなのかポンちゃんは!


翌年になりたいと言ったのは「カマキリ」でした。
カマキリのどこが気に入ったのかな?
「私、カマキリのカマ子よ」とか言っては、
オッサンに噛み付くのでした。
「噛むのはやめてくれ~」とオッサン。
「カマキリは肉食だから~」とポンちゃん。
おっ?カマキリが肉食と分かっているポンちゃんって
すごいんじゃないか、と感心するオッサン。
感心している場合じゃありませんよね。
だめな事は「ダメッ」と言わなくちゃ。


「シャチ」になりたいと言っていた時もありました。
この時は、オッサン達に「シャチ子ちゃん」と自分を呼ばせていました。
「トリケラトプス」の時もありました。
この時の呼び名は「トリケラちゃん」


そんなポンちゃんですが、最近やっと人間の職業を言いました。
「警察官」だそうです。
オッサンと妻が「どうして?」と聞くと、
「Y容疑者を捕まえるから」とポンちゃんが答えました。
「Y容疑者」というのは、ボンちゃんにからんでくる男の子です。
この件は後日、ふれるとして「容疑者」という言葉をいつの間に
覚えて、しかも応用できるようになったんだろう。


その場は笑ったが、複雑な心情のオッサンであった。


ポチッとしていただかなくても・・・いや!していただければ嬉しいです!