還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

朝日とともに

オッサンの仕事は家内制手工業的なもので、納期が近くなると
睡眠時間を削ってでも仕事をしなければいけない時があります。
深夜まで仕事をやって、早朝に起きてまた仕事という事が
数日続く事もあります。


そんな時は、ポンちゃんに早く寝てもらって、
朝までず~っと寝ていてほしいと心底思います。


冬場は、そうしてくれますが、問題は夏です!


夫婦そろって、朝日が昇る前に起きて仕事をやるのですが、
東の空が白々としてくる頃、寝室から声がします。


「ママーーーーーッ!!」


こうなったら、仕事は中断!
ポンちゃんのお世話を始めます。
着替え、朝食、トイレ・・・
それらが終わっても、保育所に行く時間はまだまだ先です。
妻と交替でポンちゃんのお世話をしながら、仕事をやる
時もありますが、そんなにはかどりません。


ポンちゃんは、目が覚めた時、誰もいないので寂しくなって
妻を呼んでいるようでしたので、そこで、夫婦で考えたのは・・・
オッサンはポンちゃんと妻が寝てから深夜まで仕事をする。
妻は早く寝て、まだ暗いうちに起きて仕事をする。

ということでした。


そうすることで、早朝にポンちゃんが目覚めても
オッサンが横で寝ているので、安心してまた寝てくれました。
これで目出たく解決・・・と思いきや、ひとつ問題が・・・
ポンちゃんが最初に目覚めた時に、
オッサンの頭をペチペチたたくのです。
いるのを確認しているようです。


オッサンはそのせいで、目が覚めてしまいます。
そんな日は寝不足感があります。
テンション低くなりますです、ハイ。


ポチッとしていただかなくても・・・いや!していただければ嬉しいです!