還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

ポンちゃんの初恋

あるテレビ番組での情報ですが、幼稚園時代に初恋を経験すると
勉強ができる子になるとか。
好きなことがはっきりして、自分の進む進路を決められるので、
勉学にいそしむのだとか。
「そんなものかな」とオッサンは漠然と思った。


が、しかし妻は幼稚園時代に初恋をしたというではないか。
妻は確かに、今でも勉強好きだし、自分の進路を早めに
決めていたようだ。
ということは、あのテレビの情報も否定できないということか。


なんで、こんな話題になったかというと、
ポンちゃんが初恋真っ最中の時期があったからです。
お相手はTくん。
なんでも、給食の時は椅子をTくんの側まで移動させて
一緒に食事したこともあるそうです。
家に帰ってきても、Tくんはカッコいいとか言っていました。
オッサンは変に心配してしまっていました。
ポンちゃんが今からこんなんでは、年頃になったら
どうなるんだろうって。
でも、テレビの情報通りだとすれば、自分の進路を決められる
子になるのはいいことだし、う~む、複雑な気持ちだな。


学芸会の時など、Tくんが王子様の役をやることになったので、
ポンちゃんはすかさずお姫様役に立候補し、
見事に願いをかなえました。
ふだんは弱いジャンケンに勝ったらしいのです。
ここ一番には強いのか!ポンちゃん!!


学芸会当日、オッサンと妻はドキドキしながら、
舞台上のポンちゃんを見ていました。
というのも、年少さんの時の学芸会が頭をよぎるからです。
(この件は後日、記事にしたいと思います)


親の心配をよそに、ポンちゃんときたら、それはそれは
楽しそうにTくんと踊っていました。
時々、振り付けを間違ったりしてはいましたが、
Tくんのリードもよくて、難なく終わりました。
ポンちゃんにしてみれば、この時が幸せの絶頂でした。


暗転をにおわせて、次回へ続くのであった。


ポチッとしていただかなくても・・・いや!していただければ嬉しいです!