還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

もう ランドセル?

ポンちゃんも、いよいよ来年は1年生です。
それで、8月5日にランドセルを買いに行きました。
こんなに早くから用意しなきゃいけないのか、と思ったものです。


目的地までは4つ先の駅とはいえ、
久々の電車でポンちゃんは大喜び
相変わらずの「乗り鉄」ぶりです。


ランドセル売り場は4階にあり、
エスカレーターに乗るのですが、
これもまたポンちゃん喜んでいました。
幼児の頃からエスカレーターが好きで、
オッサンはデパートの1階から最上階まで
何往復も付き合わされたことがあります。


ランドセルの候補は2つに絞り込んでから行ったのですが、
カタログでは分からないところまで、見ることが出来て良かったです。
実際にポンちゃんにランドセルを背負ってもらうと、
それぞれのランドセルの特徴が見えてきます。


ランドセルって、意外と重いんですね。
オッサンたちの頃もこんなに重かったのだろうか?
しっかりした作りだから重いのかな?
店員さんが、教科書を入れて下さって実際に使い始めた時の
重さを再現して下さったりして、さらに重さを実感しました。


当のポンちゃんはというと、最初は興味津々(しんしん)で
楽しそうでしたが、そのうち隣にあるおもちゃ売り場に
何度か脱走(笑)しました。
商品説明や購入手続きやら、ポンちゃんには関係ないことだもんね。
定員さんも手慣れたもので、ハートの形をした色紙を持ってきて
下さって「これに一年生になったらやりたいことを書いてみて」
ポンちゃんにサインペンも渡して下さいました。


ポンちゃんは、一生懸命覚えたての字で何やら書いています。
よく見ると「べんきょうがんばります」と読めました。
ふだんから、オッサンも妻も学校に行くようになったら
勉強がんばるんだよって言い聞かせているせいかもしれません。


我が家の前の道は通学路になっていて、新一年生を毎年見るたびに
ランドセルに背負われているんじゃないかと思う位、
身体に対して、ランドセルが大きいな、大変そうだなって
思っていました。
まさか、うちにも新一年生がいるようになるとは
思ってもみませんでした。
ランドセルを目の前にして、いるんだって実感しています!



すごいぞ!ポンちゃん!!
来年は一年生だーっ!!!


ポンちゃんに寝る前、今日はどんな日だったか聞いてみたら、
疲れたけど楽しい日だったそうです。
そのせいか、その日は「なぞなぞごっこ」もしないで寝てしまいました。
寝顔は何度見てもかわいいです(微笑)。


ポチッとしていただければ嬉しいです!