還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

ママはご機嫌ナナメ

景気が良くなったせいか、オッサン達の仕事も多忙です。
妻は学習漫画の単行本一冊、オッサンは企業のPR動画2本分の
イラストをそれぞれ抱えています。
さらに、イレギュラーに商品説明漫画が数ベージとか、
イラスト10点とか入ってきます。
こういう状況は、かつてもありましたが、ポンちゃんがいなかったので、
寝ている時と食事時以外は仕事ができました。
それで何とか納期に間に合わせる事が出来ていました。


しかし、ポンちゃんが生まれてからは状況が一変しました。
当然といえば当然ですが、仕事時間が制限されるようになりました。
ポンちゃんが保育所から戻るまでが勝負です。
睡眠時間を削ってでも仕事をしないといけない時もあります。
お互い助け合って仕事をしますが、それでも限度があります。
間に合いそうもない時は休日保育制度を利用するとか、
ベビーシッターサービスを利用しないといけなくなります。
休日保育の日のポンちゃんは淋しそうなので辛いのですが、
仕方がありません。。。
事情を話して聞かせると「がんばるから早く迎えにきて」
健気(けなげ)なポンちゃんです。
なおさら、愛おしくなります。


多忙で疲れがたまってくると、心の余裕がなくなります。
そうなると普段は何でもないような事でも、
ちょっとした事で諍(いさか)いになることもあります。
妻だけでなく、オッサンもそうなります。
今は妻のほうが、だいぶストレスがたまっているようです。


オッサンもそうだけれど、そんな時は多少ポンちゃんとの時間が
疎(おろそ)かになることもあります。
ポンちゃんには申し訳ないことだと思います。
その代わり、仕事が一段落した時に精一杯
楽しい時間を過ごせるようにしています。


しかし、そのイライラ感がポンちゃんにも伝わるのでしょう。
先日、とうとうポンちゃんに言われました。
「もう仕事やめればいいんじゃない?」
ポンちゃんの気持ちは分かるけれど、これだけはやめらないんだよ。
オッサンも妻も小学生の頃から、なりたい職業は常に漫画家だったんだから。
描いている時が幸せだし、自分の能力を高めるためにも続けたいしね。
オッサンの理想は仕事中に漫画を描きながら、ポックリ逝くことです(笑)。


ポチッとしていただければ嬉しいです!