還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

ポンちゃん語録 パート4

ポンちゃんが3歳の頃の面白語録は、一発芸みたいなものでした。
4歳ともなると妻やオッサンとの言葉のやりとりの中で、
面白語録が生まれるようになりました。


ポンちゃん語録 その1
「ママ、イチゴ狩りいきたいな〜」
ポンちゃん「わたしバナナ狩り〜」
バナナ狩りは思いもつかなかったので、フイてしまいました。
この頃のポンちゃんはバナナが好きだったのです。


ポンちゃん語録 その2
ポンちゃんが何かを探していたので、妻が聞くと・・・
「わたしのドレッシングがない」とポンちゃん。
「ドレッシング???」
ポンちゃん「うん、手にするドレッシング」
・・・って、それ「ブレスレット」だから!


ポンちゃん語録 その3
「ポンちゃん、大きくなったら何になりたい?」
ポンちゃん「ビッグになりたい」
妻は「カッコイイ!」と思ったそうです。
それにしても、ビッグなんていつ覚えたのかな。
そもそも意味を知っているのか、ってツッコミをいれたくなります。


ポンちゃん語録 その4
保育所から帰るなり、妻に向かって・・・
「ママ〜さびしかったよ〜」
「どうしたの?」
ポンちゃん「先生におこられたの〜」
「どんなふうに?」
ポンちゃん「ウンチ〜って言わないようにって」
オゲレツパワー炸裂のポンちゃんであった。
この頃は、何か質問しても「ウンチ」って答えていたもんなぁ。


ポンちゃん語録 その5
妻としりとりをしていた時・・・
「いぬ」
ポンちゃん「ぬ・・・ぬかづけのきゅうり!」
「えぇっ?!それあり!」


ポンちゃん語録 その6
「ポンちゃん、お絵描きしよう!」
ポンちゃんわたしは、おべんきょうがしたいの、
     ノートもってきて」
妻とオッサンは、ポンちゃんと一緒にお絵描きをしたかったので
淋しいような嬉しいような・・・。


ポンちゃん語録 その7
「バチ!バチ!」
気に入らない事があると、「ママのバカ!」を多発するポンちゃん。
妻が「バカって言ったほうがバカなんだからね」と言うものだから、
「バカ」のかわりに「バチ」って言っているようだ。
ポンちゃんなりに一生懸命考えているんだね。


ポンちゃん語録 その8
ハメハメハ大王の歌がお気に入りのポンちゃん、
よく歌っていたのはよいが、歌詞が・・・
「南の島の代表は〜・・・」
代表って(笑)。ホントは大王だから!!


いい味だしているよ、ポンちゃん!!!
最近は普通の会話になってしまったポンちゃん。
大人の階段を登っているんだね〜。


ポチッとしていただければ嬉しいです!