還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

天国と地獄

あの世って本当にあるのかな。
死ねば分かるって言う人もいるけれど、死んであの世があるって分かってもなぁ。
フーディーニ(故人)とかいう有名なマジシャンが、自分が死んだら何らかの
方法であの世があることを妻に伝えようとしたらしいです。
彼の死後、彼の妻は何も感知しなかったようですね。


それでもオッサンは、あの世があったらいいなって思いながら生きています。
妻は半信半疑というスタンスですが、不思議な体験をしているのは
彼女のほうが多いです。
そんな夫婦の間に生まれてきたポンちゃんはというと、
霊感の「れ」の字もなさそうです。


ただ、天国と地獄には興味があるようです。
「オニは地獄で何しているの?」
「天国には天使がいるんだよね?」

どこで覚えてきたのか、絵本で見たのか、そんなことを聞いてきます。


オニが怖いと言うポンちゃんにオッサンは・・・
「地獄にいるオニは悪い事をした人をこらしめてくれているんだよ」
って言ったら不思議そうな顔をしていました。
桃太郎に出てくるオニは悪い事をしている設定だもんね。
それっきり地獄の事は聞いてこなくなりました。
ただ、悪い事をすると地獄に行くとは思っているみたいですよ。
ポンちゃんが「いいもの」を食べている時に、
妻が意地悪して横から盗ろうとすると
「地獄に行っちゃうよ!」と言ったりしています。


天国の話は好きなようで、どんな所なのか聞いてきます。
天国はきれいな所で、あちこちがダイヤモンドみたいにキラキラしていると
オッサンが説明すると、ポンちゃん、それが気に入ったのか絵を描きました。
天国から天使が宝石を降らせている絵だそうです。
わざわざ紙を円形に切ってから描いていました。

地上にいる女の子が楽しく生きているから、
ご褒美(ほうび)に宝石を降らせてくれているんだって!
オッサンも今まで66年生きてきて、嬉しくてたまらなかった時には
世の中がキラキラして見えたことが何度かあります。
もしかしたら、本当に天使が宝石を降らせてくれていたのかもしれません。


ちなみに、絵の中の女の子はポンちゃん自身だそうです。
どこまでも自己肯定感が強いポンちゃんでありました!


ポチッとしていただければ嬉しいです!