還暦でポン!

還暦の時に子供を授かったオッサンの子育て日記です。

ひたすら反省・・・

ポンちゃんは、土曜保育の日でした。
市内に数ある保育所の中から選ばれた数カ所の保育所が
土曜保育の場になります。
幸い、ポンちゃんが通っている保育所もそのひとつに選ばれています。
いろいろな保育所から子供が来ますので、
ポンちゃんは「ちがうお友達の日」とよんでいます。


いつもなら、翌日が休みなのと、平日より自由度が高いので
喜んで行っていますが、今日は少し事情が違いました。


遅刻寸前になのにもかかわらず、
あれこれやりたがっているように見えました。
オッサンが送って行く日だったので、
つい大声で叱ってしまったのです。
「何やってるんだ!こっちにおいで!!」って。


妻にも何か言われていたようで、
ポンちゃんは「いじめないでよ〜」と言って
泣いてしまいました。
妻が「いじめているんじゃないよ、
   もっと早く言えば良かったのよ」

と言うと、グズりながらも泣きやみました。


どうやら、出かける寸前になって髪の毛を結んでほしいと
言っていたらしいのです。
そのまま一緒に保育所まで行きましたが、まだグズっていました。
同じクラスのKOちゃんが近寄って来て、慰めてくれているようでした。
それでポンちゃんも少し機嫌が治ったようです。


ボンちゃん・・・
オッサンも妻も、頭が仕事モードになっていました。
細かいところまで気がまわらなくてスマン。
おまけにオッサンは難聴で、きみと妻が何を話していたのか分からず、
ただただイライラして大声出してスマン。


オッサンは、申し訳ない気持ちでいっぱいになって
きみに「いいもの」を2コ買ってしまいました。


夕方迎えに行ったら、ポンちゃんは笑顔で駆け寄ってきてくれました。
ありがとう、ポンちゃん。
これからは、叱る前にもっときみの声を聞くようにするからね。